SSブログ

ひよの山が等々力にやってきた [チームのマスコット]

4月29日フロンターレの試合は2年ぶりのイッツァスモウワールドでした。相撲協会も強力な協力でひよの山と振分親方がきてくれたよ。
選手バス出迎えタイム、その前にファンの皆さんにご挨拶&松屋の飴ちゃんプレゼント。
024.jpg
柏レイソルのバスが来たので敬意を表してお出迎え。
029.jpg
028.jpg
お写真タイム
030.jpg
自撮り棒大活躍
031.jpg
今日はおすもうさんにいっぱい会っているからか、ふろん太たちもお相撲を始める。結果はコムゾーの勝ち。
034.jpg
スモウワールドのイベントでは呼び出し耕平さんのふれ太鼓と相撲甚句(たぶん…)につづいて床山床春さんの大銀杏結い実演をやっていました。モデルは水口さん、相撲に詳しいお友達によれば弓取り式をやっている方のようで、なるほど大銀杏を結われる機会も多いのですね。
037.jpg
040.jpg
解説の春日山親方と司会のヒロキ。必要な髪の長さはちょんまげはあごの下、大銀杏は胸に届くくらいだそうです。
041.jpg
043.jpg
びんつけ油は特別な椿油で両国にある1件の業者さんでしか扱っていない。床山さんがちょんまげを結えるようになるまで1年、大銀杏は2-3年かかり、一人前になるには10年かかる。髪の毛の普段の手入れはお湯ですすいで床山さんに結ってもらう。油がなじんでいないととても扱いづらくなってしまうので毎日のようにシャンプーはしない。ぎゅうっと引っ張るのは精神統一効果のため、また頭から落ちた時などのけが防止にもなる。ただし最初は油の刺激と相まって生え際につりだこというぶつぶつができてしまう。これはだれでもできるが肌の弱い人は苦労する。などなど、とても興味深いお話でした。
044.jpg
053.jpg
054.jpg
063.jpg
力士に挑戦ではたくさんのお子さんたちがチャレンジしてた。行事の佐藤君は将来の名行事?
077.jpg
観客席になっていた畳は朝から等々力まで運んできたんだって。
081.jpg
もちろんイベント名物の力餅も買いましたよ。用意をしてくれるPTAのみなさんほんとうにありがとう。おいしかったです。
086.jpg
応援に来てくれていたメンバー。
082.jpg
そして相撲協会からひよの山が来てくれていました。わーい、あってみたかったんだ。
065.jpg
デザイナーさんがカブレラとおなじということで夢の競演でしたね。
069.jpg
まわしの後ろのほうにも注目。
066.jpg
とにかく10:30のイベント開始からほとんどずっとじゃんけんをしてくれてたんじゃないかな、お疲れ様、どうもありがとう。
067.jpg
じゃんけんをどうやるかというと、おなかにパー、
070.jpg
両手にグーとチョキのシールを貼っていて、それでじゃんけんしてた。
072.jpg
073.jpg
伊勢は見れなかったけれど、ふろん太たちとお相撲を取ったりしたみたい。ほんとにどうもありがとうね。
074.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます